ブログをやっている人必見!!有料版にするならJUGEMが熱い理由



シェアする



こんにちは

ジョーカーです。

無料ブログはいろいろありますが、やはり無料ブログ独特の広告が存在してしまう。

そして、非表示にすることが出来ない。ならどうするのか?それは有料プランに登録することになります。

今、有料プランに登録するならJUGEMプラスのブログサービスが熱い。

確かにWordpressのありますが、これは設定やらなんやらで、ひと手間かかってしまう。ですが、JUGEMは元が無料ブログなのでそのまま簡単に使えてしまう。これに有料プランにすることで、使えなかった物が使えるようになる。

それなら他の無料ブログも有料プランにすればいいのでは?



ブログサービスの比較


JUGEM
(推薦!)
はてなブログ
FC2
seesaa
有料プラン
300円
1008
300円
300
広告非表示
完全
×
アフィリエイト
独自ドメイン
アップロード容量
無制限

5MB
無制限


他もありますが有名なところはこんなところですかね

値段的に考えるのであれば、FC2やseesaa,JUGEMですね。

ですが、seesaaはpcで非表示にできてもスマホの広告は非表示にすることが出来ません。

無料プランと有料プランの比較(一例です)




無料
有料プラン
独自の広告
×
〇(スマホは4つのエリアに可能)
アフィリエイト
独自ドメイン
×
広告の非表示
×
アクセス制限設定
×
画像の容量
1
無制限
画像の複数同時にアップロード
×
解析更新時間
1日毎
1時間毎
スマホ用デザインの編集
×
HTMLのみ


無料ブログも存在しているのではてなブログやFC2みたいに登録することですぐに使うことが出来ます。

他のブログサービスもそうですが、無料プランではできないことが有料プランに変えることで、使えるようになります。

例えば、無料ブログではよくある広告ですが、その広告を非表示にできる。

そのほかにもデザインが豊富の上HTMLやCSSを使ってカスタマイズが自由にできる。

JUGEM独特の物であれば、切り抜きツールがあり、記事貼りたい画像を加工できる。

実際無料プランと有料プランの違いをまとめると


見て頂いた方が早いのですが、

・広告の非表示

・アクセス制限機能

・独自ドメイン

・モバイルテンプレートのHTML編集

・画像容量が 無制限

・FeedBurner との連携

・複数画像同時アップロードができる

・画像切り抜きツール

・アクセスログプラス

・画像フィルタ機能

・記事ごとの鍵機能

こんな感じになります。

ブログサービス【JUGEM PLUS】なら広告非表示・アクセス解析・容量無制限!

JUGEMの有料版にはメリットがある


どのブログにも存在しています

メリット

・独自ドメインが設定できる

うちのブログであればhttp://lifetotime.blogspot.com

黄色いところを自由に変えることができます。
ドメインを取得するならここ
公式サイト
お名前.com
ムームードメイン

・アクセス解析が装備されている

アクセス解析では、自分のサイトに来てくれた人の人数とかを調べることが出来ます。

無料版では1日かかるところを有料版なら1時間毎に調べることが出来る。

・カスタマイズが出来る

HTMLやCSSがの知識がああれば、好きなデザインに変更したりすることが出来ます。

・テンプレートが豊富

3500種類以上のテンプレートが存在しています。



・アフィリエイトが自由

自分で貼りたい広告がブログによっては制限があってあれないということがあります。

こんなことあってはいけない。

ですが、このブログは自分が探してきた好きな広告を張り付けることが可能。

他にもたくさんメリットが存在しています。ブログで収益を考えている人は、有料版のJUGEMを考えてみてはどうでしょうか?

お金払うことに抵抗があれば、無料版でも試してみてください。

有料版にしても後悔はないと思います。

まとめ


他の所は切り抜きツールないでしょう。これがあることで、他のブログでは、他のソフトで加工して行わなければならないけど、記事を作成するときに使えるのでうれしいツールです。

上で上げた表は一例なのですが、それ以外にも、有料プランにすることでほかの所にはない制度がたくさんあります。画像回転ツールやグラフ表示JUGEM独自のフォントやデザインなどがあります。

契約するかというのは置いといて、見てみてください。

何よりも、使いやすいブログを探したら
結局のところJUGEMという事になる。

今回はここまで 
読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
Pick Up記事

0 件のコメント :

コメントを投稿